保護具について、業界について、  情報発信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
有機溶剤等使用の注意事項の改正につきまして
2015年 あけましておめでとうございます 本年もよろしくお願い申し上げます

遅ればせながら、昨年11月に、「有機溶剤中毒予防規則の規定により掲示すべき事項の内容及び掲示方法を定める等の件」の一部が改正され、従来の≪有機溶剤等使用の注意事項≫の掲示内容が改正されております。
適用は本年1月1日です。
改正内容は、添付資料にもありますように
有機溶剤による中毒が発生した時の応急措置方法が変更になったことです。
具体的には、
①中毒にかかった者に対し、頭を低くして横向きまたは仰向けに寝かせが、横向きに寝かせ、できるだけ気道を確保した状態で斜体文
・・・へ
②中毒にかかった者が意識を失っている場合は・・・で、消防機関への通報を行うことと
③中毒にかかった者の呼吸が止まった場合・・・は、止まった場合や正常でない場合とし、人工呼吸を仰向きにして心肺蘇生を行うこと
等へと変更しております。

現在メーカーでは、商品が不足しており納入までに2週間程度必要ですが、この機会にぜひ表示替えをお勧めいたします。

㈱日本緑十字社の例-ホームページからご参照ください。当社よりキャンペーン価格にて販売中-お問い合わせください。
スポンサーサイト
保護具アドバイザーについて
設立当初の見解です。 以降若干の内容に変更がでてきておりますので、改めてアップしてまいります。

Ⅰ) 保護具アドバイザー制度とは

 ① 平成17年度に厚生労働省からだされた 防塵マスクおよび防毒マスクの選択、使用等について の両通達において、「その製造および販売業者が、事業者に対し指導、情報提供を行う」よう要請されています。
 ② ㈳日本保安用品協会【保安用品の品質の向上とその普及促進を図るため、保安用品の製造および販売業者が会員として活動・・・詳細はhttp://www.jsaa.or.jp/index.htmlで 】は、
前述の両通達の要請にある的確な指導・情報提供を実施するために、保護具アドバイザー制度を確立し、指導基準の作成・アドバイザーの育成等を実施してきました。


Ⅱ) 保護具アドバイザーのサービスは?

アドバイザーは、事業者(職場)を訪問した際に
 ① 指導基準(当協会の作成した資料)に基づき、マスク以外の保安用品全体をも含めて
 ② 無料で(但し、用品の販売活動を禁止するものではないので、ご了承ください)

    労働安全衛生保護具の適正な活用についての情報提供および指導 をおこないます。
     (なお、トラブル等が発生した場合は、協会へ連絡し対応いたします)


原則としてアドバイザーとしての業務と、販売活動は別のものであるという立場で、
保護具アドバイザーとして事業場様のより効率の良い安全職場へ向け、すこしでもお役に立てれば
と考えております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。